モミジとカエデの見分け方は?モミジはなぜ紅葉と書くの?秋の紅葉疑問のひとつ

名称

モミジとカエデの見分け方は?モミジはなぜ紅葉と書くの?秋の紅葉疑問のひとつ

秋の紅葉で綺麗なのが「モミジの葉」

赤や黄色のモミジがとても秋らしいですね?

パソコンなどで「モミジ」と打つと「紅葉」と変換されますね?

モミジと紅葉、とっても紛らわしい!

カエデも色づくと綺麗です!

モミジだと思っていたのにカエデと表示してあったり…

カエデってどんな植物なの?

カエデとモミジの違いって?

[広告]

カエデとモミジ

カエデって英語でメープルだよね?

そうそうカナダの国旗に使われているね!

バイオリンも楓(カエデ)で作っているんだよ!

そうなんだ〜〜

で、カエデとモミジの見分け方って?

モミジってなぜ紅葉って書くの?

楓(カエデ)とは?

楓(カエデ)とはとはムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属の木の総称の事を言います。

カエデの名称の由来は、葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが転訛したものとされている。

日本ではカエデを通例「楓」と書くが、中国ではカエデに「槭」の字をあて、「楓」はマンサク科のフウを指す。

フウとカエデは葉の形が似ているが、カエデの葉は対生、フウの葉は互生につき、異なる植物である。

かつてはカエデ科の木には「槭」が用いられていたが、この字は常用漢字に含まれず、替わって「楓」が充てられることが多くなった。
出典:Wikipedia

楓(カエデ)は日本では「カエルの手」のイメージだったんですね?

紅葉(モミジ)とは?

紅葉(モミジ)とは?

モミジとは書かれた漢字の通りで主に「紅く色づいたカエデ」の事を指し、モミジも植物分類ではムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属になります。

日本のカエデとして代表されるのは、イロハモミジ (A. palmatum) である。
出典:wikipedia

イロハモミジと呼ばれるモミジがカエデの代表とされているのは不思議な感じですね。

カエデとモミジの違い

上記の事を踏まえるとカエデとモミジには違いが無い!

モミジと呼ぼうがカエデと呼ぼうが間違いでは無い

とてもややこしいですね!

いっそのことカエデでいいじゃないか!

…と思ったら……

厳密にはカエデとモミジの違いがあるようです!

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません!

園芸のような植物を扱う人達は区別します!

盆栽の世界も同様に…

盆栽の世界や園芸界ではモミジとカエデは明確に分けられている!

…との事です。

カエデとモミジの見分け方

カエデはカナダの国旗に使われているので、なんとなく分かるかもしれませんね?

カエデとモミジは見た目で違いがわかるそうです。

まずはモミジの写真を見てみましょう!

園芸の世界では、葉の切れこみ数、切れこみ具合で区別されているようです。

モミジの葉

モミジと呼ばれる木の葉っぱを見てみましょう。

代表的なものが「イロハモミジ」

モミジとカエデの見分け方は?モミジはなぜ紅葉と書くの?秋の紅葉疑問のひとつ

秋には赤や黄色に染まって綺麗ですね!

モミジの葉っぱを見ると5枚や7枚に綺麗に分かれて「ヒトデ」のような感じですね。

イロハモミジはモミジですが前述したように総称としてはカエデの代表的な存在。

ところが厳密に言うとイロハモミジはモミジです。

カエデの葉

次にカエデの葉っぱを見てみましょう!

ん?これがカエデの葉っぱ?

モミジと変わりないような気がします。

モミジとカエデの見分け方は?モミジはなぜ紅葉と書くの?秋の紅葉疑問のひとつ

カエデの葉は、モミジより分かれた葉の切れ込みが浅く見えます。

うちわにしたら、こちらの方が風が来そうですね。

切れ込みが浅いものがカエデと呼ばれている事があるようです。

写真はハウチワカエデです。

[広告]

紅葉とモミジ

モミジの事を「紅葉」と書くのはなぜでしょうか?

もみじ(旧仮名遣い、もみぢ)は、上代語の「紅葉・黄葉する」という意味の「もみつ(ち)」(自動詞・四段活用)が、平安時代以降濁音化し上二段活用に転じて「もみづ(ず)」となり、現代はその「もみづ(ず)」の連用形である「もみぢ(じ)」が定着となった言葉である。
出典引用:wikipedia

モミジは紅葉の中でもひときわ目立つ存在と言う事ですね?

紅葉する事を「もみじ」と言う事から「紅葉=モミジ」が定着したのですね。

カエデとモミジまとめ

カエデとモミジもややこしいけど紅葉とモミジもかなりややこしいですね!

日本語って難しいです!

ややこしい日本語は下記のようなものもありますね?興味があったらご覧くださいね。

[広告]

Posted by trivia